解体工事に必要な資格は解体工事施工技師という資格

資格はたくさん持っておくと、より就職や仕事の際に有利になる。

こういった考え方や、資格を取得することが楽しくて、たくさん資格を取得している方もいます。

そのような資格の中で最近注目を集めているのが、解体工事をする際の資格、解体工事施工技師などの資格です。

通常建築工事をする際には、リフォーム業者などでも500万円未満の工事を行う際には、資格は必要としません。

ですが解体工事は、実は違っているのです。

解体工事を行う際には、500万円以下であろうと資格が必要になるのです。

解体工事業者の登録をする際には、解体工事の施工に必要な資格を持っている人を何人か置く必要があり、その必要な資格の中の一つが解体工事施工技師という資格なわけなのです。
(※内容については解体工事解決マニュアル《http://www.tanzaniatourguide.com/》にのっていますのでそちらをご覧下さい。)

ただこの解体工事技師という資格は、あくまで解体工事をする際に必要な資格であり、特に現場で重要なポストになれる資格ではありません。